スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーステークス

  • 2011/02/19(土) 22:22:20

先週は自動車学校が忙しく更新できずにおりました。
そんなときにあっさり勝ってしまうトゥザグローリー。
やはり今年もこの馬を追っていきたいと思います。

さて今年もついにG1が始まります。
今年のフェブラリーステークスはエスポワールシチーが回避、ヴァ-ミリアンやカネヒキリ、サクセスブロッケンの引退で主役不足感も否めませんが裏を言えばどの馬にもチャンスがあるということ。
ここから次世代のダートの星が生まれてくることを祈ります。

【フェブラリーステークス(東京・GⅠ)】
◎シルクメビウス
○バーディバーディ
▲コスモファントム
△ダノンカモン
△ダイシンオレンジ
△トランセンド
△フリオーソ


本命はシルクメビウス。
おととしに同じ東京1600のユニコーンSを勝利。
岩田に乗り代わりということで按上としても期待できます。

対抗はバーディバーディ。
こちらは昨年のユニコーンSの覇者。 
G1連対はないものの東京大賞典3着で勢いがある4歳勢。池江パパ最後のG1ホースとなるか。

単穴にはコスモファントム。
JDDの2着をはじめダートでは3着以下無し。
こちらも勢いのある4歳勢。

トランセンドは芝スタートの東京1600に不安あり。按上の藤田の不振も気になるところ。
フリオーソは按上にデムーロを迎えるも中央の馬場が合っていないか。
ダノンカモンは按上リスポリということで(ry

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。