スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2011/10/24(月) 21:41:15

祝・オルフェーヴル三冠制覇!!!


新馬戦ではまっすぐ走らず挙句に騎手を振り落とし、
2歳戦は悔しい結果に涙を飲み、
ようやく勝ったスプリングS。
不安視された23年ぶり府中の皐月賞。
一瞬のキレ味で抜け出し圧勝。まずは1冠。
待ち受けていたのは不良馬場への不安でした。
その結果ダービーの単勝はまさかの3.0倍。
不安も拭い去る勝負根性でついにこの世代の頂点に立ちました。2冠達成。
順調に夏を過ごし神戸新聞杯を圧勝。
そして最後の難関、菊花賞。
若干不利な外枠と折り合いの面が懸念されました。
スタート直後の3コーナー、明らかに行きたがっているのを池添騎手がうまく抑えました。
そのまま1週まわって第4コーナー。
外から先頭を捉え一気に引き離しました。
ウインバリアシオンの猛追も及ばず最後は流してタイムはまさかの3.02.08。

本当に、本当に強くなった。

確かに過去2桁着順を経験した三冠馬はいません。
しかしこの馬は絶対に弱くない。
無敗の3冠馬ディープインパクトを天才とするならばオルフェーヴルは努力の馬「秀才」の馬です。
1つ1つ覚えたことがここに結実。
父、そして兄の成しえなかったクラシックタイトル。
それらすべてをこの馬がとってくれました。
今年亡くなった三冠馬の先輩、シンボリルドルフは新潟デビュー。
その亡くなった年に同じ新潟デビューのオルフェーヴルが三冠を達成。

天国のシンボリルドルフもきっと賞賛してくれているでしょう。

おめでとう!オルフェーヴル!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。